2023年07月25日

緑の向こうの榮松滝

緑の向こうの榮松滝
カメラ:Canon EOS R
レンズ:Canon EF70-300mm F4-5.6L IS USM

栃木県日光市足尾町、餅ヶ瀬川に落ちる榮松(いえまつ)滝。川に沿って上流へと続く林道を進むと車止めゲートがあり、それを超えて榮松橋を渡ってすぐ、道の対岸にこの滝はあります。林道は川よりも少し高いところを通っていますが、電柱から伸びるワイヤーや木の根に捕まりながら急斜面を慎重に降りれば、川原に立つこともできます。尚、SUVのような車高が高い車であればゲート前まで入っていけますが、私は普通車なので舗装が途切れるあたりに駐車して歩いて行きました。緑の葉越しに見る滝は涼しげで良かったです。ちなみに、ここ餅ヶ瀬川は魚の放流をしているので、中〜下流域は釣り人が結構入っていたりします。
posted by ISO at 05:06 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2023年07月16日

立ち枯れの木に水鏡

立ち枯れの木に水鏡
カメラ:Canon EOS R
レンズ:Canon EF70-300mm F4-5.6L IS USM

栃木県日光市川俣、馬坂沢第2砂防ダムの立ち枯れの木。工事による通行止めが続いてましたが、ようやく林道川俣檜枝岐線が開通したので久しぶりに訪れてみました。相変わらず澄んだ湖水に立つ木々の姿が美しかったです。ただ以前に比べて、木の本数が少し減っていました。そもそも水に浸かった枯れ木なので倒れてしまうのは仕方ないことではありますが、いずれこの景色が見られなくなるのかと思うと、今の姿を撮っておきたくなります。
posted by ISO at 00:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 湖沼

2023年07月15日

夕日を浴びる波しぶきとお弁が滝

夕日を浴びる波しぶきとお弁が滝
カメラ:Canon EOS R
レンズ:Canon EF70-300mm F4-5.6L IS USM

新潟県柏崎市、日本海に直接落ちるお弁が滝。岩礁にあたって砕ける波しぶきを、夕日が照らしていました。波が高くてこれ以上近づけなかったので、しぶき越しに撮ってみました。次は滝の直下まで行ってみたい。
posted by ISO at 00:42 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2023年06月22日

中瀬沼と夕日に染まる磐梯山

中瀬沼と夕日に染まる磐梯山
カメラ:Canon EOS R
レンズ:Canon EF24-70mm F2.8L II USM

福島県北塩原村、裏磐梯の中瀬沼。夕日を浴びて磐梯山が赤く染まりました。裏磐梯はもう何度も訪れていますが、中瀬沼展望台には今年初めて足を運びました。それにしても、中瀬沼探勝路では「熊注意」の看板をいくつも見掛けましたが、近頃はここにもよく出没するのでしょうか。今年は例年以上に熊出没のニュースを見るような気がします。ちなみに、私は今まで熊と出会ったのは2度しかありません。
posted by ISO at 03:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 湖沼

2023年05月30日

苔生す湧水の滝、小滝

苔生す湧水の滝、小滝
カメラ:Canon EOS R
レンズ:Canon EF24-70mm F2.8L II USM

山梨県北杜市、川俣川渓谷の小滝。前出のアングルとは逆の、右(上流側)から撮った写真です。ここは長靴さえ履いていれば、右からでも左からでも、滝に触れるほど近づいても離れても、どんなアングルでも撮影を楽しむことができます。地元の方の話によると、この滝の水はすべて伏流水(湧水)だそうです。一番高いところから落ちてくる水も、沢からのように見えるけれど崖上に沢はなく、湧水なのだそうです。美しの森駐車場から片道2km以上歩きますが、苔生した岩壁のそこかしこから溢れ出る水の美しい流れは一見の価値が大ありです。
posted by ISO at 19:18 | Comment(0) | TrackBack(0) |