2020年05月30日

緑の水辺のクリンソウ

緑の水辺のクリンソウ
カメラ:Canon EOS 5D Mark II
レンズ:Canon EF28-70mm F2.8L USM
撮影日:2016年6月26日

長野県伊那市、大阿原湿原のお隣り、南沢。近くの入笠山や大阿原湿原は観光スポットなのでたくさん人がいるけど、ここは山仕事の現場なので、休日には誰もいません。沢沿いの道は仕事道だし、山は現役バリバリの林業の現場っぽいので景観的にはイマイチ。とはいえ、ところどころに咲くきれいなクリンソウを一人占めでゆっくり楽しめる、お気に入りの場所です。

ただ、近年は強烈な台風がやって来ているので、現在もこの景色が残っているか心配です。
posted by iSO at 01:02 | Comment(2) | 渓流・渓谷

2020年05月27日

からたに滝と朝の光芒

からたに滝と朝の光芒
カメラ:Canon EOS 5D Mark II
レンズ:Canon EF24mm f2.8 IS USM
撮影日:2015年7月26日

岐阜県下呂市小坂町、巌立峡の奥、椹谷にかかるからたに滝。がんだて公園駐車場からは、滝見遊歩道を進みどんびき平経由で行くルートと、林道を歩くルートの2通りの行き方があります。この時は、林道が通行止めだったので滝見遊歩道コースを歩きました。こちらからだと、途中で三ツ滝も見ることができます。からたに滝では光芒が見られることを事前に知っていたので、そのタイミングを狙って訪れました。すぐ横には「あかがねとよ」という滝もあり、きれいな水に囲まれた、とてもナイスな空間でした。
posted by iSO at 00:08 | Comment(0) |

2020年04月18日

眞俣谷の無名滝を照らす

眞俣谷の無名滝を照らす
カメラ:Canon EOS 5D Mark II
レンズ:Canon EF24-70mm F2.8L USM
撮影日:2019年8月13日

岐阜県高山市、眞俣谷の無名滝の最終4枚目。この滝を訪れたのはこの時が初めてで、場所は地形図上で見当をつけてはいたものの、正確な位置は分かってませんでした。たどり着くことはできるだろうけど、太陽の光がどんな角度で滝に当たるのかが今ひとつ不明確でした。ただ、うまくいけば私好みの写真が撮れそうな予感がしたので、晴れた日の午前中を狙って行きました。すると予想していた通り、光芒や虹を見ることができ、しかも滝は想像以上に美しかったので、とっても満足できました。今年もまた行きたいけど、行けるのかなぁ。
posted by iSO at 02:28 | Comment(2) |

2020年04月16日

眞俣谷の無名滝を裏見

眞俣谷の無名滝を裏見
カメラ:Canon EOS 5D Mark II
レンズ:Canon EF24-70mm F2.8L USM
撮影日:2019年8月13日

岐阜県高山市、眞俣谷の無名滝の3枚目。今回は同じ滝の右端部分です。右端は崖の上部が少しオーバーハングしていて、滝を裏から見ることができます。ちなみに、写真は上下反転させています。岩の隙間から、無数の水がまさに線のように落ちていました。
posted by iSO at 00:00 | Comment(2) |

2020年04月14日

眞俣谷の無名滝

眞俣谷の無名滝
カメラ:Canon EOS 5D Mark II
レンズ:Canon EF24-70mm F2.8L USM
撮影日:2019年8月13日

岐阜県高山市、眞俣谷の無名滝の2枚目。前回と同じ滝の、左端部分を切り取った写真です。正確には分かりませんが、横は20メートルくらいありそうな幅広い滝。正面中央に立ってみると、右手には虹、左手には光芒が見えて、どちらを撮るか迷ってしまいました。で、結局光芒の方を選び、一通り撮影したあと右を見てみると、太陽の位置が高くなり過ぎていて、虹はすでに消えていました。カメラとカラダが2つ欲しかった…
posted by iSO at 00:27 | Comment(0) |