2020年07月26日

断崖の月虹

断崖の月虹(ムーンボウ)
「写真の日」記念写真展2020 第16回公募 協賛会社賞
カメラ:Canon EOS 5D Mark II
レンズ:CONTAX N Vario-Sonnar T* 2.8/17-35(EFマウントに改造)
撮影日:2017年2月11日

静岡県伊東市、海に直接落ちる滝として伊豆では有名(※個人の感想です)な、対島の滝に現れた月虹(ムーンボウ)。この写真は、日本写真協会主催 「写真の日」記念写真展2020 第16回公募において、協賛会社賞を受賞いたしました。例年であれば表彰式と、受賞作品の展示会が催されるようですが、今年は新型コロナのおかげですべて中止だそうです。せっかく受賞できたというのに、なんて年だ。

撮影位置は滝横の崖の先端、1人もしくは2人しか立てないような狭いスペースです。よく注意しないと、崖下の海へ真っ逆さま。以前は定番のポジションでしたが、現在は少し手前に立派な展望台が設置され、安全に滝を見ることができます。

この夜、一通り撮影し終わって帰り支度をしていると、何やら背後に気配を感じたので振り返ってみたら、暗闇の中に光る眼が! びっくりして慌ててライトで照らしてみたら、ただの猫でした。住宅街の近くだから、どこぞの飼い猫が夜のお散歩? ビビらされてしゃくだったので、歩き去って行く後ろを、少しストーキングしてやりました。
posted by iSO at 00:00 | Comment(2) | フォトコンテスト

2016年10月02日

苗名滝の月虹(ムーンボウ)その2

苗名滝の月虹(ムーンボウ)その2
『月虹夜滝』 日本写真映像用品工業会WEBフォトコンテスト2016 協賛メーカー賞

新潟県妙高市、苗名滝に現れた月虹(ムーンボウ)。この写真が、日本写真映像用品工業会WEBフォトコンテスト2016にて協賛メーカー賞に選ばれました。リンク先の結果発表ページの下の方、受賞作品一覧の一番最後にぶら下がってます(苦笑)。個人的には、以前アップしたこちらのシンメトリー構図の方が気に入ってるんですけどね。ともあれ、賞を頂けるのはありがたいことで、とても嬉しいです。
posted by iSO at 03:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | フォトコンテスト

2014年02月21日

尚仁沢の光芒

尚仁沢の光芒
『光降る渓流』
ネイチャーズ・ベスト・フォトグラフィー・ジャパン2012 風景部門 優秀賞

2年前のフォトコンテスト受賞作。栃木県塩谷町、尚仁沢の光芒。そういえば、去年の夏はすっきり晴れた日が少なかったような気がします。去年はあまり写真撮影に行けず、出掛けられた日がたまたま曇っていただけかもしれませんが。
posted by iSO at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | フォトコンテスト

2014年01月06日

大芦川の虎岩

大芦川の虎岩
『渓の襞(ひだ)』
CAPA 2012年5月号 月例フォトコンテスト風景の部 入選

これももう2年前のフォトコンテストで恥ずかしいのですが、せっかくなので。栃木県鹿沼市、大芦川にある虎岩です。乾いているとパサパサですが、濡れると虎のような色のストライプがくっきりと現れる奇岩です。この時は小雨が降る中での撮影でしたので、どの岩も濡れていてキレイな縞模様を撮ることができました。
posted by iSO at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | フォトコンテスト

2013年11月23日

霧に包まれた吐竜の滝

霧に包まれた吐竜の滝
『湿る渓流』
デジタルカメラマガジン 2007年4月号 一般投稿部門 佳作

もう6年以上前のコトでお恥ずかしいのですが、せっかくなので。写真雑誌のフォトコンテストで佳作になった作品です。これを撮影したのはキヤノンのEOS 20Dというデジタル一眼カメラで、当時10万円ちょっとで買った記憶がありますが、今では中古で1万円ちょっとで買えます。デジタル製品の値段の下がり方はスゴイですね。

ちなみにこのEOS 20D、海に持っていった時、潮だまりに落っことして壊してしまいました。乾いてからカメラを見ると、塩まみれで白い粉が吹いているようでした。これがホントのシオシオのパー(←意味不明な方はお父さんかグーグルさんにきいてね)。
posted by iSO at 00:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | フォトコンテスト