2021年03月31日

虹に舞うイワツバメ

虹に舞うイワツバメ
カメラ:Canon EOS 5D Mark II
レンズ:Canon EF70-200mm F2.8L IS II USM + EXTENDER EF2×
撮影日:2014年5月4日

栃木県日光市。虹が架かった華厳の滝を飛ぶ一羽のイワツバメ。例年ゴールデンウィークから6月上旬にかけ、たくさんのイワツバメが滝横の崖に巣を作り、華厳の滝の前を行き交います。虹と一緒に撮りたいので、毎年晴れた日を狙って訪れています。ですが、結局去年は行くことができず。今年は行けるといいんですけどねぇ…
posted by ISO at 20:40 | Comment(0) |

2021年03月06日

奥多摩、百尋ノ滝

奥多摩、百尋ノ滝
カメラ:PENTAX K10D
レンズ:SIGMA 24mm F1.8 EX DG ASPHERICAL MACRO
撮影日:2007年8月1日

東京都奥多摩町、川乗谷の百尋ノ滝。今はどこにも撮影に行けないため、昔の写真を見直していて見つけた写真。もう14年も前だったとは。長いことご無沙汰しているのは分かっていましたが、こんなに年月が経っているなんて。時の流れは早いです。川乗谷は一時期、頻繁に訪れていたんですけどねぇ。今年は久しぶりに行ってみようかな。
posted by ISO at 22:44 | Comment(0) |

2020年12月07日

穏やかな平沢川とせせらぎの滝

穏やかな平沢川とせせらぎの滝
カメラ:Canon EOS R
レンズ:TAMRON 17-35mm F/2.8-4 Di OSD
撮影日:2020年12月3日

千葉県大多喜町、平沢川と左岸の崖上から落ちるせせらぎの滝。平沢ダムの下流に、まさに名前の通り、2筋の流れが静かに落ちていました。この写真には下半分しか写ってませんが、高さは(目測で)10m弱ほどあり、大雨の後であればかなり見応えがありそうな姿です。ただ、滝の落ち口にトンネルが見えたので、人工的にここに導水しているのかもしれません(未確認)。滝を見るだけであれば、滝上にある『せせらぎの滝 山口桂司農園』さんの敷地内から見下ろすことができるようです。

この滝へは対岸からアプローチしました。山神神社の裏手へ続く道の横に、川へ降る道が分岐しています。そして川に着くと鉄製の橋がありますがこれは渡らず、手前で右(下流)に曲がれば滝前まで行けます。行けるのですがこの道、ほとんど使われていないのか、倒木がものすごいです。距離は短いながら、次から次へと現れる倒木を乗り越えたり潜ったりしなければならないので、ちょっと時間が掛かりました。しかも小雨が降った後だったため、服もカメラバッグも泥だらけになってしまいました。
posted by ISO at 00:59 | Comment(0) |

2020年11月13日

晩秋の熊のすべり台

晩秋の熊のすべり台
カメラ:Canon EOS R
レンズ:TAMRON 17-35mm F/2.8-4 Di OSD
撮影日:2020年11月11日

福島県西郷村、阿武隈川の支流、鳥首川と黒土川が合流する地点に流れ落ちる、熊のすべり台。大きいというより、広いという表現がピッタリな滝です。水量によって大幅に形が変わる滝で、晩秋の現在は水がちょっと少なめ。なので幅いっぱいに広がる豪快な姿は見られませんでしたが、降り積もった落ち葉の間を縫うように流れる水は、とても優美で癒されました。この写真は(滝を正面から見て)左端の部分を撮ったもので、なんとなく霧降の滝(日光市)をミニチュアにしたような姿に見え、結構気に入ってしまいました。
posted by ISO at 04:49 | Comment(2) |

2020年10月26日

秋の芳沢不動滝

秋の芳沢不動滝
カメラ:Canon EOS R
レンズ:Canon EF70-300mm F4-5.6L IS USM
撮影日:2020年10月20日

山形県米沢市、秋の芳沢不動滝。福島県は裏磐梯・桧原湖の北岸と山形県米沢市を結ぶ峠越えの絶景ロード、西吾妻スカイバレー。その路上から見ることができる滝の一つです。この日は、秋の裏磐梯を撮影するつもりで桧原湖へ。ついでに、西吾妻スカイバレーを一度も見たことがなかったので寄り道。山の上の方は紅葉真っ盛りでしたが、桧原湖湖畔はまだちょっと早かったようです。しかも日中は歩いていると汗ばむほど。秋は始まったばかり、という風景でした。
posted by ISO at 15:58 | Comment(2) |