2020年11月22日

蓼ノ湖の苔生した倒木と紅葉

蓼ノ湖の苔生した倒木と紅葉
カメラ:Canon EOS R
レンズ:Canon EF24-70mm F2.8L II USM
撮影日:2020年10月16日

栃木県日光市、奥日光・湯元のさらに奥にある蓼ノ湖(たでのうみ)。金精道路からさほど離れてはいませんが、道はないので崖を降り、岩を乗り越えて行かなければなりません。とはいえ、獣道なのか人が歩いた跡なのか、なんとなく道筋は分かりました。もっとも、歩ける場所は限られているので、無茶をしなくてもたどり着けました。

名前は「湖」になってますが、それほど大きくはありません。蓼ノ湖の南側は岩場、それとは対照的に北側はちょっとした平原になっていて、とても気持ちがイイ場所です。写真は平原側にある苔生した倒木から、岩場の紅葉した木々を撮ったものです。撮影中は鹿か猿か、動物の鳴き声というか叫び声がずっと響いてました。秋はもちろん、夏の緑の光景も見てみたい場所です。
posted by iSO at 10:00 | Comment(2) | 湖沼
▼この記事へのコメント
おはようございます。
日光市の蓼の湖、旅行者ですとわからないことのほうが多いようですね。
コケと紅葉の湖、素敵ですねー、こんな所はそうないですね。
ここ日光市はいろんな自然がいっぱいでしっかりと計画して余裕のある旅程を組んだほうがいいようですね。紹介ありがとうございます。
Posted by さゆうさん at 2020年12月04日 07:00
>さゆうさん
こんにちは。
蓼ノ湖は観光地ではないので、そもそも存在すら知らない人の方が多いかもしれませんね。
日光は中学生の時に林間学校で訪れて以来、現在までずっと通い続けています。それでもいまだに訪れていない場所も多く、四季を通して魅力的な場所です。
Posted by イソガヰカズノリ at 2020年12月05日 13:08
▼コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。