2020年04月18日

眞俣谷の無名滝を照らす

眞俣谷の無名滝を照らす
カメラ:Canon EOS 5D Mark II
レンズ:Canon EF24-70mm F2.8L USM
撮影日:2019年8月13日

岐阜県高山市、眞俣谷の無名滝の最終4枚目。この滝を訪れたのはこの時が初めてで、場所は地形図上で見当をつけてはいたものの、正確な位置は分かってませんでした。たどり着くことはできるだろうけど、太陽の光がどんな角度で滝に当たるのかが今ひとつ不明確でした。ただ、うまくいけば私好みの写真が撮れそうな予感がしたので、晴れた日の午前中を狙って行きました。すると予想していた通り、光芒や虹を見ることができ、しかも滝は想像以上に美しかったので、とっても満足できました。今年もまた行きたいけど、行けるのかなぁ。
posted by iSO at 02:28 | Comment(2) |

2020年04月16日

眞俣谷の無名滝を裏見

眞俣谷の無名滝を裏見
カメラ:Canon EOS 5D Mark II
レンズ:Canon EF24-70mm F2.8L USM
撮影日:2019年8月13日

岐阜県高山市、眞俣谷の無名滝の3枚目。今回は同じ滝の右端部分です。右端は崖の上部が少しオーバーハングしていて、滝を裏から見ることができます。ちなみに、写真は上下反転させています。岩の隙間から、無数の水がまさに線のように落ちていました。
posted by iSO at 00:00 | Comment(2) |

2020年04月14日

眞俣谷の無名滝

眞俣谷の無名滝
カメラ:Canon EOS 5D Mark II
レンズ:Canon EF24-70mm F2.8L USM
撮影日:2019年8月13日

岐阜県高山市、眞俣谷の無名滝の2枚目。前回と同じ滝の、左端部分を切り取った写真です。正確には分かりませんが、横は20メートルくらいありそうな幅広い滝。正面中央に立ってみると、右手には虹、左手には光芒が見えて、どちらを撮るか迷ってしまいました。で、結局光芒の方を選び、一通り撮影したあと右を見てみると、太陽の位置が高くなり過ぎていて、虹はすでに消えていました。カメラとカラダが2つ欲しかった…
posted by iSO at 00:27 | Comment(0) |

2020年04月12日

名も無い美瀑の虹

名も無い美瀑の虹
カメラ:Canon EOS 5D Mark II
レンズ:Canon EF24-70mm F2.8L USM
撮影日:2019年8月13日

岐阜県高山市、眞俣谷にあるたぶん名前の無い滝。上流には胡桃大滝があります。胡桃大滝より下流は、両岸には新鮮そうな崖崩れの跡があったり、沢も岩だらけでところどころ倒木が折り重なっていたりと、寒々しい景色が続いてましたが、この滝は別物の美しさでした。左岸の崖上から、白糸のように細い落水が無数に広がっている姿は、まさに水のカーテン。到着した時には、虹がお出迎えしてくれました。この写真は上流側の一部分しか写ってませんが、滝は奥(下流)に向かってもっとずっと広がっています。

あまりに気に入ってしまったため、今回を含め4回連続でこの滝の写真を掲載する予定です。
posted by iSO at 03:05 | Comment(0) |