2024年05月16日

霧の中の芦沢

霧の中の芦沢
カメラ:Canon EOS 5D Mark II
レンズ:Canon EF17-35mm F2.8L USM

栃木県日光市、寂光の滝の上流、芦沢。寂光の滝を訪れる人はいますが、上流まで行く人はほとんどいないので、日曜日であっても誰にも会わないこともしばしば。さらにこの写真のように小雨が降り続き、霧で煙るような日はなおさらです。とはいえ、雨にしっとりと濡れた新緑の葉は、生き生きとして生命力にあふれていました。
posted by ISO at 00:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 渓流・渓谷

2024年03月20日

森の竪琴

森の竪琴
『森の竪琴』
CAPA 2024年4月号 月例フォトコンテスト 風景&ネイチャーの部 入選

栃木県日光市、奥日光の山中を流れるオログラ沢の、苔むした無名の小滝。弦のように滴る水を、直下から見上げるように撮影しました。そしてこの写真、3月19日発売の月刊カメラ誌「CAPA」4月号の月例フォトコンテスト「風景&ネイチャーの部」において、入選することができました。2カ月連続で受賞できるとは思ってもいなかったので結構嬉しいです。
posted by ISO at 18:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | フォトコンテスト

2024年02月20日

月虹峡谷

月虹峡谷
『月虹峡谷』
CAPA 2024年3月号 月例フォトコンテスト 風景&ネイチャーの部 1席

静岡県静岡市葵区梅ヶ島、夜の赤水の滝。月の光に照らされて現れた月虹(Moonbow)を撮ることができました。そしてこの写真、本日2月20日発売の月刊カメラ誌「CAPA」3月号の月例フォトコンテスト「風景&ネイチャーの部」において、1席に選出して頂きました。

月虹撮影時はいつも出掛ける直前まで天気予報の確認をしているのですが、必ずしも予報通り晴れるとは限らないのがもどかしいところ。この滝の場合もある夜は月とその周囲にだけ雲が湧いていたり、またある夜は反対に、月は出ているものの滝の上空一面に雲が広がって星がまったく見えず、昼間なのか夜なのか区別がつかない写真になってしまったりと、この一枚を撮るのに苦労しました。おかげで何度も通うことになり、東京からだとそこそこ距離があるので、当時はかなり高速代とガソリン代を使いました。現在だったらガソリン代が高すぎて、おいそれと行けません。
posted by ISO at 08:50 | Comment(4) | TrackBack(0) | フォトコンテスト

2024年02月12日

坊主ヶ滝

坊主ヶ滝
カメラ:Canon EOS R
レンズ:Canon EF24-70mm F2.8L II USM

福島県猪苗代町、中ノ沢温泉のすぐそば、上下二段になって落ちる坊主ヶ滝。達沢不動滝や裏磐梯の近くなので、ついでに立ち寄るのにピッタリな滝。母成グリーンラインの起点付近、道路の脇から少し歩くだけで見ることができます。スニーカーでも大丈夫ですが、長靴を履けば上段の滝の真ん前まで近づけます。
posted by ISO at 18:09 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2024年01月30日

樽沢出合いの滝

樽沢出合いの滝
カメラ:Canon EOS R
レンズ:Canon EF16-35mm F2.8L III USM

東京都奥多摩町日原。樽沢が滝になって日原川に流れ込んでいます。どうやらこの滝に名前はないようです。落差のない小さな滝ではあるものの、水量が多くゴウゴウと大きな音を立てて落ちていたので、なかなか迫力がありました。

日原集落から日原川下流方向に降りる道を行くと日原橋があり、それを渡ってしばらくは整備された山道が続いています。が、それもモノレールの起点になっている小屋まで。その先は道がないので、歩けそうな場所を探しながら進みました。川岸の斜面は結構急だったり大きな岩があったりするので、ルートを見誤ると結構ワイルドです。
posted by ISO at 01:16 | Comment(0) | TrackBack(0) |