2019年02月17日

黒の洞門

黒の洞門
ハイカーで賑わう大福山周辺と梅ヶ瀬渓谷とは正反対、あまり人が来ないマイナーな渓流です

千葉県市原市、大福山を挟んで梅ヶ瀬渓谷の反対にある、黒の洞門。撮影した上流側の入口は小さいのですが、トンネルの中と下流側の出口はとってもデカい。人の手で作られたのか、自然に出来たのか分かりませんが、人工的に作られたにしてはサイズがデカ過ぎ。中を流れるのは小さな渓流なのに、2車線道路のトンネル並の大きさ。小川とのバランスが合ってないのが不思議でした。
posted by iSO at 04:34 | Comment(4) | 渓流・渓谷
▼この記事へのコメント
isoさんこんにちは。
黒の洞門てどんな所なんだろう?とググってみましたが、情報が少なくて(特に内部)
よくわかりませんでした。
こんな山の中に2車線道路ほどもあるような大きな洞窟空間…うーん想像できません。
ただ、なぜ今の季節なのかは想像がつきました(笑)
Posted by kazu at 2019年02月17日 18:01
コメントありがとうございます。
私もこれの成り立ちを知りたくてググりましたが、マイナー過ぎるのか確たる情報を得られませんでした。
おそらくご想像の通り、この辺りは暖かくなると大嫌いなヒルが出るので、
千葉の渓流は今頃の季節に行くようにしてます(笑)。
Posted by イソガヰカズノリ at 2019年02月18日 00:10
iso さんこんばんは。
お久しぶりです。しばらく更新がありませんでしたので、どうかされたかと心配しておりました。
ご無事でなによりです😆
この春から本格的に写真を撮り始め、インスタに投稿を始めました。そこで知ったデイモン・ベイさんが市原の洞窟を熱心に撮影されているようです。
すでにご存知かもしれませんが、ご報告まで。
それでは、益々のご活躍を楽しみにしております。
Posted by Kazu at 2019年08月30日 21:36
Kazuさんお久しぶりです。
お気遣いのコメントありがとうございます。
最近はなかなか撮影に行けず、行けたとしても現像する時間がなくて困ってます。
デイモン・ペイさんについては、残念ながら存じ上げておりません。
Posted by イソガヰカズノリ at 2019年09月02日 01:08
▼コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。