2017年11月14日

霧漂う湖

霧漂う湖
たとえ数本しかなくても、水上の立ち枯れの木には惹かれてしまいます

栃木県日光市足尾町、庚申川にある小さなダム湖の立ち枯れの木。冷たい湖水に真夏の暑い空気が触れて、霧を生み出していました。この日のメインの目的は庚申七滝でしたが、銀山平の駐車場から思いのほか距離があり、しかも道すがら枝沢に小滝を見つけては寄り道して撮影したりしていたため、大幅に時間オーバー。庚申七滝に着いた時にはすでに夕方で、しかも滝のすぐ脇には、落石と呼ぶにはあまりにもデカ過ぎる大岩があり、景観が変わってしまってました。それでも何とか撮影しようと周囲をウロウロしてみるものの、どんどん暗くなってしまい、あえなく撤収。予定通りいかなかったとはいうものの、一日楽しめたので結構満足しました。
posted by iSO at 00:00 | Comment(0) | 湖沼
▼この記事へのコメント
▼コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。